信託用語集

あ行

アクチュアリー

数理・確率・統計の知識・手法を用いて、保険数理または年金数理業務に従事する専門家の総称です。

後継ぎ遺贈型の受益者連続信託

受益者の死亡により、当該受益者の有する受益権が消滅し、他の者が新たに受益権を取得する旨の定め(受益者の死亡により順次他の者が受益権を取得する旨の定めを含む。)のある信託です。

遺言

生前の意思をその死後に実現するためのものであり、満15歳以上であれば遺言することができます。遺言による信託の設定もできます。

遺言信託

遺言により信託を設定すること、または信託銀行の提供する遺言書の作成・保管・執行に関するサービスのことです。

遺言代用信託

委託者が死亡したときに、受益者となるべき者として指定されている者が受益権を取得する旨の定めのある信託、または委託者の死亡後、受益者が信託財産に係る給付を受ける定めのある信託で、委託者は受益者を変更する権利があります。

委託者

財産を受託者に移転し、信託目的に従い受益者のために受託者にその財産(信託財産)の管理・処分などをさせる者です。

ESOP信託

米国のESOP(Employee Stock Ownership Plan)を参考に信託スキームを活用した従業員インセンティブプランで、退職者等に自社株を付与する「退職給付型」や従業員持株会の仕組みを発展させた「持株会型」があります。

ページのトップへ戻る