信託会社におけるディスクロージャー

信託会社の場合、基本的には信託銀行に準じて、会社法および金融商品取引法に基づくディスクロージャーを行っています。

さらに、信託業法に基づき、事業年度ごとに事業報告書を作成し、内閣総理大臣に提出するとともに、業務および財産の状況に関する説明書類としてディスクロージャー誌を作成し、公衆の縦覧に供しなければなりません(信託業法第33条、第34条)。

ページのトップへ戻る