信託サービスの窓口

信託契約代理店

信託契約代理店とは、信託契約代理業(信託契約の締結の代理または媒介を行う営業)を営む者のことをいい、個人または法人が内閣総理大臣の登録を受けて営むことができます。また、信託契約代理店のほか相続関連業務等に関する代理店では、相続関連業務等の代理店契約を締結し、多様なニーズに対応しています。

現状、金融機関のほかに、個人や一般の事業法人が、信託契約代理店や相続関連業務等に関する代理店としての業務を行っています。

金融商品取引業者

第二種金融商品取引業者は、信託受益権の販売を行うことができます。

信託受益権の販売は、金融商品取引法上、第二種金融商品取引業または登録金融機関業務として規制されています。

ページのトップへ戻る