信託の機能

信託の主な機能としては、財産管理機能、転換機能、倒産隔離機能があげられます。これらの機能を活用することにより、信託は様々なニーズに対応する仕組みとして利用されています。

財産管理機能

委託者や受益者に代わって、専門家である受託者に財産の管理・処分を委ねることができます。
 なお、受託者は、信託目的の範囲内で、これを行使しなければなりません。

転換機能

信託することにより信託財産が信託受益権という権利となり、信託目的に応じ、その財産の属性や数、財産権の性状などを転換することができます。
 具体的には、@効率的な運用を行うため、多数の者が信託した金銭をまとめること、A投資しやすくするため、大きな信託財産を小口化すること、B流通しやすくするため、不動産などの信託財産を受益権にすることなどが可能です。

倒産隔離機能

信託された財産は、委託者の名義ではなく、受託者の名義となることから委託者の倒産の影響を受けません。
 また、信託財産は、受託者の相続財産にはならず、さらに受託者の債権者による強制執行が禁じられているため、受託者の倒産の影響を受けません。

ページのトップへ戻る