資産流動化の信託

資産流動化の信託は、金融機関、企業の財務の改善や、資金調達の方法として利用が増えています。主なものとしては、金銭債権、不動産を流動化する信託があります。

金銭債権の信託

金銭債権の信託は、金銭債権を信託財産として受け入れ、その債権の管理・処分等を目的とする信託です。

委託者である企業等は、信託銀行等を通じて信託受益権を投資家に譲渡することにより、資金の早期回収およびスキームによっては資産のオフバランス化を図ることができます。

例えば、金融機関が保有する貸付債権を信託する貸付債権信託、企業が保有する売掛債権・手形債権を信託する売掛債権信託・手形債権信託、リース・クレジット会社が保有する債権を信託するリース債権・クレジット債権の信託等があります。

金銭債権の信託の仕組み

金銭債権の信託の仕組み図

不動産の信託

不動産の信託は、信託の設定に際して、土地や建物などの不動産を信託財産として受入れる信託です。

ここでは、不動産の流動化・証券化を取上げています。

不動産の流動化・証券化とは、不動産の生み出す収益を裏付けとして、資産の流動化に関する法律に基づき、特別目的会社(SPC)特定目的信託(SPT)等を利用して証券を発行するなどの方法により、資金調達を行うものです。信託銀行等は、証券、融資、金銭債権等の流動化などの業務で培ったノウハウを活用して、不動産の流動化・証券化に取り組んでいます。

ページのトップへ戻る