信託財産

信託財産とは、受託者が信託目的に従って受益者のために管理・処分などをする財産です。

信託設定時の信託財産は、委託者から受託者へ移転されます。委託者が受託者に信託することができる財産の種類には制限がありません。

具体的には、例えば次のような財産があります。

  • 金銭
  • 有価証券(株式、国債など)
  • 金銭債権(貸付債権、リース・クレジット債権など)
  • 動産
  • 土地、建物
  • 知的財産権(特許権、著作権など)

関連ページ

ページのトップへ戻る