「あっせん委員会」について

トラブルがなかなか解決しない(原則として2か月以上にわたり苦情の解決が図られていないとのお申出を頂いた)お客さまは、「あっせん委員会」をご利用いただけます。

「あっせん委員会」とは、信託協会が設置する、弁護士、学識経験者、消費者問題専門家等で構成される中立・公正な委員会です。

あっせん委員には、信託業法等に基づき、弁護士、消費者問題専門家、信託協会職員等が選任されます。あっせん委員の選任にあたりましては、信託業務等は専門性が高いことを勘案し、職歴、研究歴等や当協会と手続実施基本契約を締結している金融機関、信託会社等と特別な利害関係がないことを確認した上で、選任しております。

また、実際にあっせん委員会を開催する場合には、あっせん委員とあっせんの当事者との間で特別な利害関係がないことを確認しており、「あっせん委員会」の中立性・公平性は保たれています。なお、あっせん委員会の冒頭、あっせん委員の氏名、弁護士等の属性を紹介しています。

「あっせん委員会」では、お客さまと信託銀行等の双方から資料等の提出を受けたうえで、事情をお聞きし、解決のためのあっせん(和解)案を提示します。

  • 手続きの流れ
  • 「あっせん委員会」ご利用にあたって
  • 「あっせん委員会」に提出するあっせんの申立書等の様式はこちら
    なお、受け付けた苦情について、信託相談所で他の機関にお取り次ぎすることが適当と判断したときは、その旨をご説明の上、お客さまの希望を確認の上、次の通りお取り次ぎすることがございます。
    • 銀行業務に関する苦情については、「全国銀行協会相談室」にお取り次ぎいたします。
    • 保険業務に関する苦情については、「生命保険相談所」、「損害保険紛争解決サポートセンター」もしくは「保険オンブズマン」または「少額短期ほけん相談室」にお取り次ぎいたします。
    • 証券業務に関する苦情については、「特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター」にお取り次ぎいたします。

前のページへ戻る

ページのトップへ戻る