「国債取引の決済リスク削減に関する工程表」の進捗状況について

平成26年12月17日

日本証券業協会、日本証券クリアリング機構、信託協会および証券保管振替機構は、金融庁「金融・資本市場に係る制度整備について」(平成22年1月21日公表)で示された国債取引・貸株取引の証券決済・清算態勢の強化に向けた各取組みについて、市場関係者等と検討を進めております。

今般、国債取引における決済期間の短縮化、国債清算機関の態勢強化および清算機関の利用拡大について、別添「国債取引の決済リスク削減に関する工程表」PDF(221KB)のとおり、現在の検討状況及び今後の対応方針を取りまとめましたので、公表いたします。

信託協会と日本証券クリアリング機構は、別添工程表の「4.国債取引における清算機関の利用拡大」について検討を進めてきましたが、平成26年6月に、計画通り、信託銀行の参加が開始されたことから、本項目については今回更新しておりません。

以上

ページのトップへ戻る