年金資産消失問題を契機とした信託協会の自主的な取り組みについて

平成24年09月04日

一般社団法人 信託協会(会長 北村 邦太郎)は、平成24年2月24日に発覚した年金資産消失問題等を契機として、以下の通り信託協会としての自主的な取り組みを行うことを決定しました。

信託協会は、平成24年2月の本件発覚以降、企業年金に携わる者として、今後このような問題が生じることを未然に防止するためにどのような貢献ができるかについて、検討を重ねてまいりました。

信託協会といたしましては、加盟各社が、引き続き、法令等に基づく適切な対応を行うことに加えて、別紙PDF(66.2KB)のような自主的な取り組みを行っていくこと等を通じて、企業年金の資産運用・管理にこれまで以上に貢献できるよう、積極的に取り組んでまいります。

以上

ページのトップへ戻る