平成20年度税制改正要望を決定

平成19年09月20日

社団法人信託協会(会長 池田輝彦)は、「平成20年度税制改正に関する要望」PDF(906KB)を決定いたしました。

平成20年度税制改正要望では、公的年金を補完し、勤労者の老後生活の維持・安定を図る観点から企業年金等税制に関する要望、および土地取引を活性化するとともに、土地の有効利用を促進する観点から登録免許税に関する要望に重点を置いて取りまとめております。

主要要望項目は、以下のとおりです。

  1. 企業年金等の積立金に係る特別法人税の撤廃
     企業年金および確定拠出年金等の積立金に係る特別法人税を撤廃すること。
  2. 土地の信託登記等に係る登録免許税率の特例措置の延長
     土地の所有権の信託の登記に係る登録免許税の税率の特例(0.2%(本則0.4%))および土地の売買による所有権の移転登記に係る税率の特例(1%(本則2%))の適用期限(平成20年3月末)を延長すること。

以上

ページのトップへ戻る